塩分含有量の少ない食材を選ぶ

 

 

いも類やきのこ類は塩分含有量がほとんどないにもかかわらず、豊富な旨みと栄養分を含んでいるのが特徴であります。

 
素材自体に素晴らしい旨みがあるため、料理をするときは少ない量の醤油や味噌を使うだけでも十分に美味しくなります。

 
必要以上に調味料を使ってしまうのは、素材自体に味がなく、栄養価も乏しいようなときです。

 

きのこの場合に関しては、ホンシメジやヒラタケは旨みが特に豊富なものですから、薄味での味付けでも十分に美味しくなります。

 

森の恵みが生んだ菌類には、他にもマツタケ、ウラベニホテイシメジ、コウタケ、クリタケなど美味しくて栄養価の高い希少なものがあります。

 
身近な菌類でも、シイタケやエノキタケなども香りが素晴らしく、よい旨みを持っているため、調理するときは少ない量のバターを使って味付けするだけで十分に美味しくなります。

 

これらの食材にはカリウムが含まれているため、肌のむくみや高血圧を予防するのにも効果があります。

 

食物繊維も極めて豊富ですから、腸内環境を整えるのにも役立つものです。

 

根菜類が不足する食生活をしていると、便秘になりやすくなり、肌荒れになりやすくもなりますから、積極的に根菜類などから食物繊維を摂取する必要があります。

コメントは受け付けていません。