たった3日でヤセ体質になっれる『塩抜きダイエット』とは

塩の過剰な摂取は、心疾患や腎疾患などの病気の原因となり、高血圧をもたらす傾向にあります。

 

この塩を抜いた無塩食が、高血圧の治療や予防には効果的とされています。

 

そんな医療方面で注目されている無塩食が、実はダイエットに効果をもたらしてくれるのです。

 

塩というと、人間にとって必要なものであり、生きていく上で不可欠なものです。

 

それを抜いて問題はないのだろうかという疑問もあげられるでしょう。

 

しかし、このダイエットの方法としては、野菜や果物だったり、塩があまり含まれて

 

いない肉や魚を食すというもので、これらには少量の食塩が含まれているため、全

 

く塩を口にしないというわけではないので安心です。

 

もともと、現代の食生活では、食塩を必要以上に摂りすぎてしまっている人が多くみられると言われています。

 

多くの食塩を取り込んでしまうことにより、体内の塩の量は多くなる傾向にあります。

 

この塩を薄めようと、多くの水分を体外に出さないように、力が働くのです。

 

むくみやすく、代謝が落ちることになります。

 

どんな方法で行うのかというと、加工食品やスナック菓子には多くの食塩が含まれますから、これらを避け、食塩の含有量の少ない食品のみを口にします。

 

また、料理の味付けにはもちろん食塩や食塩を多く含むものを避けます。

 

カリウムを多く含む野菜や果物をたくさん摂取するようにし、水をたくさん飲みましょう。

 

これらを、3日間のみ行います。食塩を長期にわたって欠乏させることは、命にかかわりますので、3日以上は行わないようにします。

 

逆にいえば、3日間のみで塩抜きダイエットは効果があらわれ、ヤセ体質へと導いてくれるのです。

 

diet03_m